» 連携研究スキームによる研究(委託研究課題)の公募について(農林水産政策研究所)


連携研究スキームによる研究(委託研究課題)の公募について(農林水産政策研究所)

農林水産政策研究所では、下の六つの研究テーマに即したもので、農林水産政策研究所が実施する研究課題(政策研連携研究課題)と連携して実施する、具体的な研究課題(委託研究課題)の提案を募集しております。

応募受付期間 令和2年6月24日(水)~8月5日(水)12時まで

1. ポスト新型コロナウイルス時代における食料安全保障のあり方に関する研究のうち「食料の安定的な供給体制の構築に関する研究」
政策研連携研究課題:食料供給、食料消費の構造的な変化を踏まえた食料安全保障に関する研究

2. ポスト新型コロナウイルス時代における食料安全保障のあり方に関する研究のうち「食料の安定的な確保のための国際市場に関する研究」
政策研連携研究課題:安定的な穀物等の調達に向けた企業行動と国際需給に関する研究

3. ポスト新型コロナウイルス時代における食料安全保障のあり方に関する研究のうち「国産農水産物の国内外の需要動向を踏まえた供給体制に関する研究」
政策研連携研究課題:中長期的な国産農水産物の国内外の需要動向を踏まえた輸出のあり方に関する研究

4. 超高齢社会における社会・健康問題の解決に資する学際的研究
政策研連携研究課題:食料消費と食生活・健康に関する実証的研究

5. ナッジ等を活用した気候変動への対応等環境政策の推進に関する研究
政策研連携研究課題:フィールド実験を通じた農業者の地球温暖化適応行動・温室効果ガス削減行動を促進するための政策措置に関する研究

6. 農福連携の地域経済・社会、障害者の心体への効果に関する研究
政策研連携研究課題:農福連携の取組の地域経済・社会への効果と効果的な発揮に関する研究

研究期間は2年間ないし3年間(予定)、研究費は1課題・単年度当たり1,000万円程度を予定しております。
詳細は、以下HPを御覧ください。
http://www.maff.go.jp/primaff/kadai_hyoka/renkei/2020/bosyu.html
【R2連携研究スキームによる研究】委託研究課題公募のご案内

2020年07月01日 | 投稿者:aesj_staff
【カテゴリ】:学会インフォメーション |

トップページ
学会紹介
学会長あいさつ
会則・規則・細則
論文投稿規定
刊行物
大会情報
諸会議議事録
役 員・委員会委員
表 彰
会員登録
学会事務局
連絡先は学会事務局連絡先
〒104-0033
東京都中央区新川2-22-4
新共立ビル2F
株式会社 共立内
日本農業経済学会事務局

電話 03-3551-9896

FAX 03-3553-2047

Email office<@>aesjapan.sakura.ne.jp
※Eメールは、〈〉をはずして送信してください。

英文サイトへ

英文サイトは
こちらからご覧頂けます。

ご入会はこちらのページで

学会への入会をご希望の方は
上記フォームから申込み可能です。

会員情報修正ページへ

住所等の変更があった方は上記
フォームから修正をお願いします。
※入会に関する詳しい情報は
「会員登録のご案内」から
ご確認下さい。

「単語をクリックすると、その単語が付箋(=タグ)として張られた記事が一覧表示されます。大きいものほど使用頻度が高いタグです。